HOME > 「ニッキン」最新号から > 人事施策 > 2020年9月25日号7面 静岡銀行の地方創生研修生制度、行政職員など担い手育成

2020年9月25日号7面 静岡銀行の地方創生研修生制度、行政職員など担い手育成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お互いの近況について報告し合う研修生OBの鈴木氏(左)と森脇氏(8月28日)

 OB2人の取り組み
 【静岡】静岡銀行が2017年度に創設した「地方創生研修生」は、将来の地方創生の担い手を育成する人事交流制度。地方自治体などの職員を地方創生部に受け入れ、行政と一体となって地方創生に取り組む土壌の醸成を目指す。これまでに6人が“卒業”し派遣元に帰還。うち2氏に期間中の主な取り組みと現況などを聞いた。

 2018年4月~20年3月に在籍した富士市市長公室市長戦略課主幹の鈴木剛氏は、…

【写真】お互いの近況について報告し合う研修生OBの鈴木氏(左)と森脇氏(8月28日)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事