HOME > 「ニッキン」最新号から > 法令制度政策 > 2018年12月7日号2面 金融庁、「条件変更」報告を休止、負担軽減・2019年度から

2018年12月7日号2面 金融庁、「条件変更」報告を休止、負担軽減・2019年度から

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 円滑化姿勢は定着
 金融庁は、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関に提出を求めていた「貸出条件の変更実施状況」の報告を2019年3月期を最後に休止する。円滑化に関連する報告は段階的に縮小しており、19年度から報告を要請しない。ただ、金融機関の姿勢が変化する場合や経済危機など環境が急変する時には復活する可能性も残す。
 中小企業による条件変更の申込件数は…



ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事