「ニッキンONLINE」創刊!
 
HOME > 「ニッキン」最新号から > 営業店 > 2021年12月17日号19面 金融界、静かな店舗改修に注目、工期短縮・コスト削減

2021年12月17日号19面 金融界、静かな店舗改修に注目、工期短縮・コスト削減

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
丸高工業の高木一昌社長(右)から騒音や振動のない工具の説明を受けるきらぼしコンサルティングの強瀬理一社長(左から2人目)

 店舗の改修工事を静かに。金融界は騒音や振動が少なく営業時間中でも工事ができるサイレントシステム工法に注目している。城南信用金庫が大井支店の改修に採用し、東京きらぼしフィナンシャルグループ(FG)は同工法を開発した施工会社の取り組みを支援する。
 金融機関店舗の改修は週末に作業し長期化する。同工法では、営業を妨げる騒音や振動がほぼ無くなることで…

 【写真】丸高工業の高木一昌社長(右)から騒音や振動のない工具の説明を受けるきらぼしコンサルティングの強瀬理一社長(左から2人目)



ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事