HOME > 「ニッキン」最新号から > 金融再編 > 2017年4月14日号3面 公取の再編審査、新潟・二次審査入り不可避

2017年4月14日号3面 公取の再編審査、新潟・二次審査入り不可避

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 長崎・交渉の「時計動かず」

 同一県内でトップと二番手の地元銀行が一緒になるのは可能なのか。戦後は寡占排除の観点から実現困難とみられてきたが、長崎県に続き新潟県でも上位2行の統合構想が浮上し、公正取引委員会の判断に注目が集まっている。経営統合で県内の貸出金シェアが約7割となる前者の交渉はこう着状態に陥っており、金融界では同シェアが約5割となる後者の行方に関心が移っている。

 

 

ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事