HOME > 「ニッキン」最新号から > 国際 > 2019年1月25日号16面 特集 大手損保3グループ、海外事業戦略をみる

2019年1月25日号16面 特集 大手損保3グループ、海外事業戦略をみる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大きい収益貢献・リスク分散も
 大手損害保険3グループ(G)が、海外保険会社のM&A(合併・買収)を加速させている。国内市場の縮小を海外事業で補うと同時に、引き受けリスクを世界に分散させるのが狙い。ただ、買収先のガバナンスなど課題もある。大手3Gの東京海上ホールディングス(HD)、MS&ADインシュアランスグループホールディングス(MS&ADHD)、SOMPOホールディングス(HD)の海外事業のキーマンに、海外展開の方向性を聞いた。

 【写真】東京海上HDは若手から経営層まで幅広い社員と活発な意見交換を行い、同社の経営ビジョンを共有する(写真中央右はブラジルでマジきら会議を行った永野毅社長)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事