「ニッキンONLINE」創刊!
 
HOME > 「ニッキン」最新号から > 投信保険 > 2022年2月4日号2面 実像 変わる外貨建て保険(上)苦情縮減の取り組みが奏功

2022年2月4日号2面 実像 変わる外貨建て保険(上)苦情縮減の取り組みが奏功

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本生命は、募集時に活用する意向確認書の中で、投資経験や保険料に充てる原資など、適合性を確認できる仕組みを作った

 金融機関窓口などの保険販売代理店に寄せられた苦情が2019年度に過去最悪となり、社会問題化した「外貨建て保険」。対策の一環として、生命保険協会は業界共通の資格試験制度を創設。22年4月から試験合格者の登録制(ライセンス化)が始まる。それと同時に、登録された募集人以外は外貨建て保険を原則販売できなくなるため、銀行や信用金庫の行職員を含めて受験者数が増えている。適切な募集管理体制を構築し、苦情をなくそうと尽力する金融機関の姿に迫った。
 為替次第で苦情増も
 コロナ禍での営業自粛に加え、苦情縮減に向けた取り組みが代理店に浸透し…

【写真】日本生命は、募集時に活用する意向確認書の中で、投資経験や保険料に充てる原資など、適合性を確認できる仕組みを作った



ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事