HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2020年6月26日号6面 地域銀行、有価証券運用に外部知見、体制不足補い安定収益

2020年6月26日号6面 地域銀行、有価証券運用に外部知見、体制不足補い安定収益

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 南都銀行は3割委託
 有価証券運用の高度化に向け、外部知見を活用する地域銀行が相次いでいる。南都銀行は2020年度にアウトソース運用比率を29%に高める計画。島根銀行などはSBIグループと連携する。日本資産運用基盤グループとみずほ信託銀行が共同で運用支援に乗り出すなど、地域銀の選択肢も広がってきた。
 南都銀は、アセットマネジメントOne、ブラックロックの運用力を…


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事