HOME > 「ニッキン」最新号から > ネット・システム > 2019年10月25日号4面 三井住友FG、高齢者情報を“再現”、広島銀行など8社で開発、相続への活用も

2019年10月25日号4面 三井住友FG、高齢者情報を“再現”、広島銀行など8社で開発、相続への活用も

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は、傘下の三井住友銀行、日本総合研究所のほか、広島銀行など外部企業6社と共にサイバー空間で高齢者のあらゆる個人情報を蓄積・再現するデジタルツイン(アバター)の開発・普及を目指す。サービス展開のための事業体を2022年3月末までに設立する。
 デジタルツインは、デジタルの“双子”という意味。サービス名称は「subME(サブミー)」。デジタルの…


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事