HOME > 「ニッキン」最新号から > 人事施策 > 2018年10月26日号15面 小浜信金、研修で“大谷翔平メソッド”、将来の支店長を育成

2018年10月26日号15面 小浜信金、研修で“大谷翔平メソッド”、将来の支店長を育成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【金沢】小浜信用金庫(福井県、濱詰健二理事長)は、30~40代の支店長候補者向けの研修で、米国大リーグの大谷翔平選手が高校時代に実践していた「マンダラチャート」を用いている。目標達成に必要な要素や行動を研修対象者が主体的に考え、実践していくのが狙いだ。
 マンダラチャートは、縦9マス×横9マスで構成。中央に究極の目標を書き、その目標を達成するために必要な……

【写真】チャートに記入する項目について職員同士で意見を出し合い、目標達成に向けたプロセスを可視化する(小浜信用金庫本店)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事