HOME > 「ニッキン」最新号から > 法令制度政策 > 2019年6月7日号1面 金融庁、金融仲介の共通KPI設定、経営者保証対応を比較

2019年6月7日号1面 金融庁、金融仲介の共通KPI設定、経営者保証対応を比較

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 二重徴求割合など開示要請
 金融庁は銀行の金融仲介機能を評価できる共通の成果指標(共通KPI※)を設定する。事業承継時に新旧経営者から個人保証を求める「二重徴求」の割合などを開示するよう要請する。大手行や地域銀行を対象に、2019年度下期分から自主的な公表を求める。融資先の経営実態を見極めることを促し、慣例的な個人保証への依存をなくす。
 開示を促す項目は、事業承継時に経営者から個人保証を求めた件数の割合。二重徴求のほか、…

※共通KPI 金融仲介や投信販売の取り組みを評価する共通の成果指標。指標を高めるだけの形式的な対応に走る恐れがあり、金融庁が慎重に検討してきた。


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事