HOME > 「ニッキン」最新号から > 取引先支援 > 2020年9月25日号16面 北陸地区JA、移動店舗車の活用拡大、緊急コロナ対応も想定

2020年9月25日号16面 北陸地区JA、移動店舗車の活用拡大、緊急コロナ対応も想定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
営業店でコロナ感染者が出た際の有事対応にも存在感を発揮する移動店舗車(9月2日、JA能登わかば本店駐車場内)

 【金沢】北陸地区の農業協同組合では移動金融店舗車を工夫しながら活用する動きが広がっている。越前たけふ農業協同組合(冨田隆組合長)は、7月の支店再編に伴い、単位農協では異例の4台目の移動店舗車を投入した。能登わかば農業協同組合(坂井助光組合長)は、営業店職員が新型コロナウイルスに感染した場合の活用も想定している。
 移動店舗車は全国の75JA、4信用農業協同組合連合会が導入しており、…

【写真】営業店でコロナ感染者が出た際の有事対応にも存在感を発揮する移動店舗車(9月2日、JA能登わかば本店駐車場内)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事