HOME > 「ニッキン」最新号から > 取引先支援 > 2021年7月16日号8面 青梅信金・東栄信金、取引先に事業性評価還元、課題示し新事業創出へ

2021年7月16日号8面 青梅信金・東栄信金、取引先に事業性評価還元、課題示し新事業創出へ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
折井社長(左から2人目)にヒアリングする東栄信金と東京都よろず拠点の関係者(7月2日、東京都江戸川区の折井電装松江工場)

 青梅信用金庫(東京都、平岡治房理事長)と東栄信用金庫(同、北澤良且理事長)は東京都よろず支援拠点と連携。取引先に事業性評価を還元する取り組みに力を入れている。事業性評価は融資判断の材料として信金内部で活用してきたが、取引先にも評価内容を伝え、経営に生かしてもらう。
 青梅信金は4月に取り組みを始めた。自社の強み・弱みのほか環境変化や…

【写真】折井社長(左から2人目)にヒアリングする東栄信金と東京都よろず拠点の関係者(7月2日、東京都江戸川区の折井電装松江工場)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事