HOME > 「ニッキン」最新号から > 資産管理 > 2021年7月30日号9面 豊川信金、相続業務の対応強化、本部集中で年6000時間削減

2021年7月30日号9面 豊川信金、相続業務の対応強化、本部集中で年6000時間削減

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【名古屋】豊川信用金庫(愛知県、真田光彦理事長)は、相続業務への対応を強化する。相続センターを新設して、10月をめどに事務の本部集中化を進めることで、預金役席の事務負担を年6千時間削減。積極的な提案やトレーニーによる人材育成策を推し進める方針だ。
 これまで相続関連の手続きは営業店が担い、なかでも預金役席の負担が…


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事