HOME > 「ニッキン」最新号から > ニッキン抄 > ニッキン抄 2019.5.24

ニッキン抄 2019.5.24

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 都会の街並みには一見マッチしない道路標識が東京・銀座にある。規制時間の進入を禁止するイラストは自動車やバイクでなく「大八車(だいはちぐるま)」。人力で重い荷を運ぶ二輪車で、江戸時代に活躍した▼「自転車以外の軽車両」を示すレアな標識。坂の多かった江戸では、物流の発達とともに大八車が人を巻き込む事故が多発。“暴走”の抑止に幕府も苦労したようだ▼身近な生活道路は今も危険が伴う。散歩中の園児など歩行者が犠牲になる痛ましい交通事故が相次ぐ。原因の9割は運転手の「漫然、脇見」などヒューマンエラーと聞く。金融機関も外回りで車は不可欠。安全確認を怠れない▼対策として朝のアルコールチェックのほか、ドライブレコーダー導入も広がる。2015年8月、全営業車に置いた北海道労働金庫は3カ月ごとに記録映像から危険運転をする職員に注意。事故を減らす効果を高めている。意識の醸成へ、江戸時代にはなかった先端技術も生かしたい。2019.5.24


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事