「ニッキンONLINE」創刊!
 
HOME > 「ニッキン」最新号から > ニッキン抄 > ニッキン抄 2021.10.22

ニッキン抄 2021.10.22

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「宿題」に楽しい思い出を連想する人は少ないだろう。作家の北杜夫氏は児童向け小説に書いている。「科学者でも、校長先生でも、宿題は好きでなかった。それでもやらなければならない」。逃れられない宿命だと▼先送りせずに対処を――。こちらは膨張する国家財政に為政者は向き合うべし、との直言だ。財務省の矢野康治事務次官が雑誌に寄稿し、「このままでは日本は沈没してしまう」と警鐘を鳴らした。現職次官による意見表明は極めて異例である▼論考で繰り返し登場するのが「バラマキ」。その数12回に上る。1166兆円の借金を抱えるのに、コロナ対策とはいえ人気取りの政策論を競っている。金庫番として看過できないとモノ申した▼国債発行を支える異次元緩和と財政規律の低下は表裏一体。8年半に及ぶ金融機関収益への副作用がさらに大きくなりかねない。財政健全化という宿題に道筋をつけねば、金融システム不安定化という「宿痾(しゅくあ)」を患ってしまう。2021.10.22



ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事