HOME > 「ニッキン」最新号から > 投信保険 > 2019年2月1日号1面 生保各社、新たな手数料体系を検討、銀行の販売姿勢など反映

2019年2月1日号1面 生保各社、新たな手数料体系を検討、銀行の販売姿勢など反映

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 外貨建て苦情増 背景に
 生命保険各社が、新たな銀行窓販手数料体系の検討を始めた。適切な販売体制や契約後のアフターフォロー充実度合いなどを反映させたい意向だ。一部大手生保は2019年度中に、保険ショップなど乗合代理店向け手数料体系を改定する。銀行窓販への応用についても議論を進める。顧客本位の実現を後押しする狙いがある。
 見直し案が浮上してきたのは、…


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事