HOME > 「ニッキン」最新号から > 投信保険 > 2021年6月11日号5面 大手生保4G、2021年3月期の窓販実績、外貨建て保険が苦戦

2021年6月11日号5面 大手生保4G、2021年3月期の窓販実績、外貨建て保険が苦戦

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年度銀行窓販の見通しを説明する明治安田生命の中村常務(5月21日、生保協)

 海外金利の低下受け、円建てニーズは底堅く
 大手生命保険4グループの2021年3月期「金融機関窓販実績」がまとまった。長引く海外金利の低下が影響し、外貨建て保険の販売が大幅に落ち込んだ。一部の地域銀行が「コロナ禍で20年度は業績目標をなくし、積極的な推進を控えた」(関東地区地域銀)ことも販売低迷の要因となった。円建て保険はニーズが底堅く、販売が増加した生保もあった。
 売れ筋商品の8割超を外貨建てが占める一時払い終身保険は、4グループが…

【写真】2021年度銀行窓販の見通しを説明する明治安田生命の中村常務(5月21日、生保協)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事