HOME > 「ニッキン」最新号から > 融資 > 2021年3月12日号16面 特集 【ニュースを追う】首都圏信金・信組、コロナ対応の新規融資拡大

2021年3月12日号16面 特集 【ニュースを追う】首都圏信金・信組、コロナ対応の新規融資拡大

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新規融資先の洋食屋「ビストロ周」のオーナー宮嶋順子さん(左)に経営状況を聞く東京シティ信金日本橋支店の道下克徳支店長(右)と得意先係の吉江司氏(3月3日、東京都中央区)

 実態把握へフォロー
 緊急事態宣言が再延長され、首都圏(1都3県)では飲食業を中心に厳しさが続くなか、信用金庫・信用組合はコロナ対応の新規融資を増やし存在感を高めている。売り上げ減少に不安を感じた優良先や無借金先が新規で借り入れたほか、大手行が少額融資を敬遠したことも一因。一方、新規先の経営実態を十分に把握できていない懸念も。本紙では首都圏の信金・信組を対象にアンケートを実施。全67機関(職域など除く)のうち回答のあった47機関における「コロナ禍の新規融資」の現状と課題をみた。

 【写真】新規融資先の洋食屋「ビストロ周」のオーナー宮嶋順子さん(左)に経営状況を聞く東京シティ信金日本橋支店の道下克徳支店長(右)と得意先係の吉江司氏(3月3日、東京都中央区)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事