HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2018年9月14日号10・11面 金融界の2017年度役員報酬、銀行界・総額314億円/1億円超19人

2018年9月14日号10・11面 金融界の2017年度役員報酬、銀行界・総額314億円/1億円超19人

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 銀行持ち株会社と全国の銀行112行・社における取締役と執行役の役員報酬(2018年3月期の有価証券報告書ベース、社外取締役、監査等委員会の取締役・監査役を除く)の17年度報酬総額は314億8400万円となった。委員会設置会社への移行や経営統合などの理由で比較できないケースを除くと、前年同期比でほぼ横ばいの水準。報酬1億円以上の開示対象者は5人増えて19人。中長期的な業績との連動性を高める株式報酬制度の導入も進む。ゆうちょ銀行は30人の執行役に前年同期比9.6%増の7億6100万円を支払った。信用金庫と信用組合は、18年3月期ディスクロージャー誌で17年度の役員報酬を開示した。全体では収益環境が厳しさを増すなか、前年度比減少が目立った。報酬総額5億円以上は、前年度の3信金から4信金に増えた。預金規模や収益力、都市部と地方などで差が広がっている。

【写真】報酬1億円超の開示対象者の役員が9人と、銀行界最多の三菱UFJフィナンシャル・グループ


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニッキンのおすすめ

  • nikkinplaza
  • cmc

社説/ニッキン抄

写真を読む