HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2019年7月5日号9面 全信中協・全信組連、一体運営スタート、内藤氏が理事長兼務

2019年7月5日号9面 全信中協・全信組連、一体運営スタート、内藤氏が理事長兼務

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人事制度一本化も視野

 6月28日、全国信用組合中央協会の通常総会、全国信用協同組合連合会の定時総会、両組織の理事会が開かれ、内藤純一・全信組連理事長(67)が全信中協理事長を兼務する新体制が発足した。渡邉武・全信中協会長(77)は全信組連副会長、山本明弘・全信組連会長(73)は全信中協副会長をそれぞれ兼務し、両組織の一体運営が本格的に始まった。
 両組織は、2018年11月の臨時総会で役員選任に関する規定を変更。全信中協に…

【写真】内藤理事長は「信組を強力にバックアップする体制を作る」と話した(6月28日、都内)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事