HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2020年9月18日号4面 三井住友FG、医療データの情報銀行へ、「プラスメディ」子会社化で“第一歩”

2020年9月18日号4面 三井住友FG、医療データの情報銀行へ、「プラスメディ」子会社化で“第一歩”

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
情報銀行稼働に向けて第一歩を踏み出した三井住友FGの谷崎勝教執行役専務グループCDIO(右)と永田社長(9月15日、同FG東館)

 地域全域、健康増進も
 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は、医療情報に的を絞った情報銀行の本格稼働に向け第一歩を踏み出した。9月14日には、医療機関の業務効率化と個人のカルテデータを基に患者へのサービス向上などを図るスマートフォンアプリを開発・運営するスタートアップ企業を連結子会社化。将来的には、医療における情報銀行の全機能を同子会社が利用・管理する計画。
 医療を切り口とした情報銀行のサービスを通じて、SMBCグループ基準の…

【写真】情報銀行稼働に向けて第一歩を踏み出した三井住友FGの谷崎勝教執行役専務グループCDIO(右)と永田社長(9月15日、同FG東館)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事