HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2021年7月23日号11面 特集 【地域にスポット】首都圏信金・信組の貸金庫戦略

2021年7月23日号11面 特集 【地域にスポット】首都圏信金・信組の貸金庫戦略

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全自動貸金庫を利用する東京シティ信金の取引先経営者(6月17日、秋葉原支店東京シティ信金)

 稼働率低下も収益化模索、銀行店舗撤退で受け皿に
 首都圏ではメガバンクや地方銀行の店舗網見直しが進み、貸金庫の需要が信用金庫・信用組合に流れ込んでいる。収益に直結させるため契約料を上げる動きもみられる。半面、近年は稼働率の低下に頭を悩ますところが多く、主なターゲットだった富裕層から一般客に推進対象を広げる先も出ている。本紙では1都3県の信金・信組(職域・業域を除く)に貸金庫の動向に関するアンケートを実施。依頼した60先のうち回答のあった54先の現状をみた。

 ■高齢化が利用低迷要因
 回答先の多くで貸金庫の稼働率が低迷している(グラフ)。複数の金融機関は…

 【写真】全自動貸金庫を利用する東京シティ信金の取引先経営者(6月17日、東京シティ信金秋葉原支店)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事