「ニッキンONLINE」創刊!
 
HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2022年5月13日号16面 特集 【読者の意見】東証の新市場区分、改革・4割が期待薄

2022年5月13日号16面 特集 【読者の意見】東証の新市場区分、改革・4割が期待薄

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東証は新たな3市場区分のもとで企業価値向上を促す

 7割超「プライム多すぎ」
 東京証券取引所で4月4日に新市場区分がスタートし、およそ1カ月が過ぎた。グローバル企業向けの「プライム」、中堅企業向けの「スタンダード」、新興企業向けの「グロース」に再編され、取引の活性化につながることが期待されている。1961年の東証二部開設以来、約60年ぶりの市場改革に対する読者の声を聞いた。

 ■Q1.新市場区分への期待度は
 「あまり期待していない」「期待してない」の回答者の合計は約4割にのぼり…

 【写真】東証は新たな3市場区分のもとで企業価値向上を促す



ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事