HOME > 「ニッキン」最新号から > 人事施策 > 2020年5月29日号15面 特集 【時の話題】首都圏の主要信金・信組、コロナ禍の新人研修

2020年5月29日号15面 特集 【時の話題】首都圏の主要信金・信組、コロナ禍の新人研修

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝日信金の新人研修は小グループに分けて実施。参加者はソーシャルディスタンスを保つなど3密対策を取る(5月25日、湯島ビル研修所)

 配属・6月に延期も、自宅待機で在宅学習
 新型コロナウイルス感染症の拡大で金融機関の「新入職員研修」の現場も変化している。4月に発動した政府の緊急事態宣言などを受けて、密閉、密集、密接の“3密”を避けるソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つなど、研修現場もさまざまな工夫が求められている。首都圏の主要信用金庫・信用組合12機関にアンケートを実施。新人研修の現状と課題をみた。

 【写真】朝日信金の新人研修は小グループに分けて実施。参加者はソーシャルディスタンスを保つなど3密対策を取る(5月25日、湯島ビル研修所)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事