「ニッキンONLINE」創刊!
 
HOME > 「ニッキン」最新号から > 人事施策 > 2021年3月19日号1面 金融界、“コロナ差別”防止広がる、行員研修やリボンで啓発

2021年3月19日号1面 金融界、“コロナ差別”防止広がる、行員研修やリボンで啓発

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄銀行は全店でシトラスリボンを飾ったり、コロナ差別をしないことを宣言するカードを掲示し、来店客に取り組みを発信(3月3日、鳥堀支店)

 金融界で、新型コロナウイルスの感染者や濃厚接触者、回復した人に対する差別や偏見、尊厳を害する行為(コロナハラスメント)を防止する取り組みが広がっている。沖縄銀行は行員向けに差別防止研修を実施。差別や偏見をなくす啓発活動「シトラスリボンプロジェクト」への賛同の輪も拡大している。
 コロナ感染から回復した人や濃厚接触者だった人が社会・職場復帰するケースが増えるなか…

【写真】沖縄銀行は全店でシトラスリボンを飾ったり、コロナ差別をしないことを宣言するカードを掲示し、来店客に取り組みを発信(3月3日、鳥堀支店)



ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事