HOME > 「ニッキン」最新号から > 人事施策 > 2021年4月2日号16面 特集 【地域にスポット】北陸地区4行にみる育休

2021年4月2日号16面 特集 【地域にスポット】北陸地区4行にみる育休

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
復職前の面談をオンラインで行っている富山第一銀行(3月9日、富山第一銀行本店営業部)

 高まる男性の取得機運、復職女性ネットで支援
 【金沢】政府は2月26日、育児・介護休業法の改正案を閣議決定した。早ければ2022年10月から男性版育児休業と呼ばれる「出生時育休」が導入される見通しだ。2015年の国勢調査によると、福井県女性の就業率は52.6%と全国1位で、2位に石川県、富山県が6位と全国的に高い水準にある。北陸3県は、子育て期に低下する女性の労働力率を年代階級別にグラフ化した時に見える“M字カーブ”のくぼみが浅く、働きながら育児ができる環境が整っている。今回、北陸・北国・福井・富山第一の地域銀行4行に男性職員の育休取得の現状やコロナによる影響を取材した。
 出生時育休とは、妻の出産後8週間以内に4週間まで取得できる制度。2回まで分割して取得することができる。導入の機運が高まったのは、コロナ禍により世間から孤立した母親の…

 【写真】復職前の面談をオンラインで行っている富山第一銀行(3月9日、富山第一銀行本店営業部)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事