「ニッキンONLINE」創刊!
 
HOME > 「ニッキン」最新号から > 人事施策 > 2022年2月18日号18面 全労金、「不妊治療と仕事」両立推進へ、休職制度の適用拡大求める

2022年2月18日号18面 全労金、「不妊治療と仕事」両立推進へ、休職制度の適用拡大求める

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国労働金庫労働組合連合会(全労金、14単組、組合員9千人、末留新吾委員長=東北労金労組)は、仕事と両立しながら安心して不妊治療が受けられる職場環境の実現へ経営側に対して両立支援策の強化を求める。4月に少子化対策の一環で不妊治療の保険適用が予定されることを背景に、両立が難しい要因の一つとされる企業による支援策の重要性が増しているため。
 全国労働金庫協会が1月27日に新たに制定した「労金業態における不妊治療と仕事の両立支援に向けたガイドライン」を踏まえた…



ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事