HOME > 「ニッキン」最新号から > 取引先支援 > 2021年1月8日号12面 特集 東日本大震災から10年、第1部・金融機関の役割(1)、被災地はいま

2021年1月8日号12面 特集 東日本大震災から10年、第1部・金融機関の役割(1)、被災地はいま

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
周囲の整地や旧北上川の堤防工事が進んだ現在(2020年12月23日)

 金融機関、地域再生に尽力
 【仙台】東日本大震災からまもなく丸10年を迎える。2011年3月11日、岩手、宮城、福島3県を中心に、マグニチュード9.0の巨大地震、10メートルを超える大津波、東京電力福島第一原子力発電所の事故などで甚大な被害を受けた。被災地では、復興計画に基づくハード面の整備が進められた一方、地域によって人口減少や事業環境の悪化などが加速した。金融機関はこの間、企業や個人、地域の再生支援に力を尽くしてきた。本紙では、被災地での取り組みと将来を展望する特集を全10回にわたり連載します。

 【写真】周囲の整地や旧北上川の堤防工事が進んだ現在(2020年12月23日)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事