HOME > 「ニッキン」最新号から > ニッキン抄 > ニッキン抄 2019.2.15

ニッキン抄 2019.2.15

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このところ、燃やすごみの日は家族の使い捨てマスクでポリ袋がいっぱいだ。感染を「防ぐ」「広げない」よう神経を使う日々が続く。推計患者数が1千万人を超えたインフルエンザだが、今冬は2、3回かかることもあるというからやっかいだ▼注意すべき“やっかい者”という点では共通している。5月の改元に便乗し、金融機関の口座や暗証番号などを盗み取ろうとする新手の詐欺である。神奈川県で1月中旬、発生が相次ぎ確認された▼手口はこうだ。全国銀行協会を装う封書を高齢者宅などに郵送。そこには「元号改正による銀行法改正に伴い、全金融機関のキャッシュカードを不正操作防止用カードに変更することになった」と載せ、カードをだまし取る。全銀協はツイッターなどで注意喚起している▼こうした特殊詐欺はウイルス同様、形を変えて現れる。狙われやすいのが高齢者。家族や周囲が注意を呼びかければ、被害を抑止できる。新たな詐欺情報は広げたい。2019.2.15


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事