HOME > 「ニッキン」最新号から > ニッキン抄 > ニッキン抄 2019.8.2

ニッキン抄 2019.8.2

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 梅雨明けした先日、買い物で寄ったデパートの紳士服売り場の光景がいつもと違っていた。フロアに入ると、最近話題の男性用日傘がずらり。陳列棚には「体感温度を下げる」といったポップ広告も目立つ▼環境省が熱中症対策で「男性も日傘を」とキャンペーンを始めたためだ。帽子より汗の量が2割減るという。ただ抵抗感あるなぁ、と思いつつ傘を眺めていると「在庫切れ」の表記とともに「銀行員の日傘」とのネーミングが▼聞けば、傘メーカーの社長が真夏に汗だくで通ってくる銀行マンのために考案したそうで晴雨兼用。テレビで紹介され、ネットでも人気商品になった。夏の日差しが本格化し、列島は猛暑が続く。外回りのバンカーにはなんとも心強い▼ところで、排ガスなどで生まれる雲が平均気温を下げることを「日傘効果」という。金融界で必要以上の金利低下を招いている異次元緩和も、負の効果が大きいのは明らか。“光明”はいつ差し込むのやら。2019.8.2


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事