HOME > 「ニッキン」最新号から > ニッキン抄 > ニッキン抄 2020.11.6

ニッキン抄 2020.11.6

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「下あごの先が黄色く、目は透明、腹は硬めで」。家人に教わった鮮度のポイントを頭に入れて吟味した。先週末、都内のスーパーで買った生サンマである。わが家の食卓に上るのは今秋初めてだ▼海水温の上昇や乱獲による不漁で高値が続いていたサンマ。今年の漁獲量は過去最低だった昨年を下回るらしい。が、シーズン後半に入り、ようやく一尾100円台前半も出回り始めた。安い冷凍物もあるが、やはり“旬”を味わうに限る▼こちらはピークの時期が続く。金融界による取引先支援。これまでコロナ禍で苦しむ企業の資金繰り支援に奔走。経営者に頼られ「やりがいを感じた」バンカーは多い。これからは経営改善や事業再生に軸足が移る。いかに支え抜くか。時間との勝負である▼ただ事業の持続性が見込めない先には、転・廃業を促す必要もあろう。“苦言”が経営者の再チャレンジにつながるかもしれない。ちなみに苦味も持つサンマは身体の新陳代謝に効果が高い。2020.11.6


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事