「ニッキンONLINE」創刊!
 
HOME > 「ニッキン」最新号から > 地域貢献 > 2022年6月17日号19面 帯広信金、地場産品自販機が稼働、わがまち基金と拡販支援

2022年6月17日号19面 帯広信金、地場産品自販機が稼働、わがまち基金と拡販支援

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ホエー豚ぎょうざ20個」を購入した高橋常夫理事長(左、6月8日、帯広信用金庫本店)

 【札幌】帯広信用金庫(北海道、高橋常夫理事長)が、事業者支援プロジェクト(PJ)の一環で設置をサポートしてきた地場産品の自動販売機が6月8日、稼働を開始した。
 以降も拡大し、地元の帯広市や十勝地区を中心に計8台となる予定。自販機は、食品や土産品など、十勝名物の販路拡大に協力したい事業者らが運営する。
 その名を十勝地区19市町村にちなむ…

 【写真】「ホエー豚ぎょうざ20個」を購入した高橋常夫理事長(左、6月8日、帯広信用金庫本店)



ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事