HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2018年11月9日号17面 主要証券15社の2018年4~9月期決算、投資手控えでリテール低調

2018年11月9日号17面 主要証券15社の2018年4~9月期決算、投資手控えでリテール低調

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みずほ、岩井コスモ、増収増益
 主要証券会社15社の2018年4~9月期決算が出そろった。米中貿易摩擦を巡る懸念などを背景に個人投資家が売買を手控えるなど各社ともリテール部門が低調。債券・株式の引き受け業務が好調だったみずほ証券や米国株式の売買が伸びた岩井コスモホールディングス(HD)は、前年同期比で増収増益を確保したものの、7社が最終減益となり、一時的費用が発生した野村ホールディングス(HD)など4社は最終赤字となった。
 野村HDは60億円の純損失を計上した。投資家の投資マインドが後退したことで……

【写真】「M&A(合併・買収)件数も積み上げられた」と話すみずほ証券の山田達也専務取締役(右)(10月30日)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事