HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2020年5月15日号1面 緊急事態宣言でアンケート 営業現場、士気向上も心中複雑

2020年5月15日号1面 緊急事態宣言でアンケート 営業現場、士気向上も心中複雑

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「新型コロナウイルス資金繰り相談窓口」を訪れた融資取引のない事業者の相談に応じる横浜銀行の行員(5月1日、横浜駅前支店)

 “感染リスク”恐怖拭えず
 新型コロナウイルスが経済活動を麻痺(まひ)させ、国民生活に多大な犠牲を強いている。緊急事態宣言下でも、社会インフラとして欠かせぬ事業として営業継続を求められている金融界。だが、顧客支援と感染リスクのはざまで働く現場行職員の心中は複雑だ。本紙が緊急に行ったアンケートに営業店行職員165人の声が寄せられた。「今こそ本領発揮の時」など強い使命感で士気が向上した人が多い一方で、「命の危険を感じる」など、悲痛な叫びもあった。本号より3週にわたって「営業店の声」を特集で掲載する(16面=詳報)。
 全店営業を「当然」と捉える人は半数に満たなかった。しかし…

【写真】「新型コロナウイルス資金繰り相談窓口」を訪れた融資取引のない事業者の相談に応じる横浜銀行の行員(5月1日、横浜駅前支店)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事