HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2020年5月22日号16面 特集 大手行5グループの2020年3月期決算、金融の使命果たす「正念場」

2020年5月22日号16面 特集 大手行5グループの2020年3月期決算、金融の使命果たす「正念場」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 純利益2.4%減・見通し厳しく、与信費用増「有事モード」に
 大手行5グループの2020年3月期決算は、5社計の当期純利益が前年同期比2.4%減の1兆9958億円だった。コロナショックの影響で、予防的な引き当てを含む与信関係費用が大幅に増加。危機の影響が本格化する2021年3月期はさらなる与信費用の増加と業務純益の下押し圧力で、一層厳しい見通しを置く。


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事