HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2020年11月27日号5面 大手損保3G、2020年4~9月期決算、コロナ禍の影響に内外で差

2020年11月27日号5面 大手損保3G、2020年4~9月期決算、コロナ禍の影響に内外で差

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「下期は海外でコロナ関連の保険金支払いが改善されるだろう」と話す東京海上HDの遠藤常務取締役(11月19日、損保会館)

 海外は興行中止が響く、国内は事故少なく支払い減
 大手損害保険3グループ(G)の2020年4~9月期決算は、新型コロナウイルス感染症の影響が国内外で割れた。国内は緊急事態宣言下で自動車事故が減少したほか、大規模災害も少なく、前年同期に比べ保険金支払いが大きく減った。一方、海外は興行中止に伴い会計上の発生保険金が膨らみ、中間純利益を押し下げた。
 正味収入保険料は、東京海上ホールディングス(HD)とSOMPOホールディングス(HD)が…

【写真】「下期は海外でコロナ関連の保険金支払いが改善されるだろう」と話す東京海上HDの遠藤常務取締役(11月19日、損保会館)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事