HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2021年7月16日号10面 日本郵便、進む“脱”受託手数料、渉外出向で収支に変化

2021年7月16日号10面 日本郵便、進む“脱”受託手数料、渉外出向で収支に変化

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本郵便は、ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険から得る金融業務の受託手数料に依存する経営からの脱却を加速させることになりそうだ。ゆうちょ銀は、手数料の算出根拠となる直営店の運営コストを下げ、経費の圧縮を図る方針を掲げている。かんぽ生命は郵便局の保険販売担当者を出向で受け入れ、手数料を自社の人件費に置き換える予定。
 ゆうちょ銀は、貯金残高や投資信託の預かり資産残高、送金の取扱件数などに応じて…


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事