HOME > 「ニッキン」最新号から > ネット・システム > 2020年8月14日号1面 銀行界、融資型CFと連携、資金調達多様化を提案

2020年8月14日号1面 銀行界、融資型CFと連携、資金調達多様化を提案

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みずほ銀行も開始
 銀行界で、融資型クラウドファンディング(CF)※との連携が広がりそうだ。取引先企業に対して資金調達手法の多様化を提案できるほか、自行で満額を融資できない場合の補完的な役割も見込める。三井住友信託銀行などに続き、8月13日からみずほ銀行が連携を始めており、今後増える見通し。
 融資型CFはソーシャルレンディングとも呼ばれ…

融資型クラウドファンディング クラウドファンディングは「購入型」「寄付型」「投資型」「融資型」の4種類に分けられる。金銭的なリターンが発生する「融資型」は、預貯金の低金利環境が続くなか、投資経験者を中心に高利回りの投資商品として定着。融資先は不動産業者や海外企業など運営業者ごとに特色がある。募集と同時に満額に達する案件も多いが、元本保証はない。


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事