HOME > 「ニッキン」最新号から > 人事施策 > 2019年11月15日号12面 特集 【時の話題】首都圏信金・信組の採用活動

2019年11月15日号12面 特集 【時の話題】首都圏信金・信組の採用活動

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「応募が減、辞退は増」、人事施策・戦略に影響
 「エントリー数の減少」「採用活動の長期化・通年化」――。首都圏信用金庫・信用組合の新卒者の採用戦線が厳しさを増している。2017年秋の大手行のコスト・業務量削減などの大規模な構造改革の発表を転機として、金融業界の就職人気ランキングは急低下。メガバンクや大手地方銀行に知名度、ブランドで及ばない信金・信組は採用難のさなかだ。いまだ20年新卒者の採用が固まらない先もある。採用戦線の現状と人事戦略への影響を聞いた。

 【写真】城北信金が開催した内々定者向け懇談会では、先輩職員との座談会でコミュニケーションを深めた(7月17日、ホテル椿山荘東京)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事