HOME > 「ニッキン」最新号から > 法令制度政策 > 2019年2月15日号1面 金融庁、貯蓄性保険でヒアリング、中途解約状況を把握

2019年2月15日号1面 金融庁、貯蓄性保険でヒアリング、中途解約状況を把握

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5割超の顧客が損失
 金融庁は大手行や地域銀行に貯蓄性保険でヒアリングする。中途解約すると元本割れする可能性が高まる外貨建て保険を中心に、解約状況を把握したい考え。販売時の説明を巡る苦情が増えており、販売状況や保有期間などの実態を調べる。
 すでに1社のヒアリングを終えたが、今後も…


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事