HOME > 「ニッキン」最新号から > 法令制度政策 > 2019年3月22日号2面 金融庁、後見支援預金にKPI、普及へ進捗管理

2019年3月22日号2面 金融庁、後見支援預金にKPI、普及へ進捗管理

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金融庁は、後見人による不正な引き出しを防ぐ専用預金の導入状況にKPI(成果指標)を設定する方向で調整に入る。政府による成年後見制度の利用を促進する基本計画の進捗(しんちょく)を管理する指標と位置づける見通し。専用預金は信用金庫や信用組合で広がる一方、銀行界では静岡中央銀行や十六銀行など少数にとどまる。
 政府の基本計画は5カ年で、2017年3月に閣議決定された。19年度は中間年にあたり、…


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事