HOME > 「ニッキン」最新号から > 法令制度政策 > 2018年3月30日号3面 郵政民営化委、ゆうちょ銀行限度額を議論、民間は「撤廃」に強く反対

2018年3月30日号3面 郵政民営化委、ゆうちょ銀行限度額を議論、民間は「撤廃」に強く反対

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 金融庁も慎重姿勢

 

 郵政民営化委員会(岩田一政委員長)は、3月26日までにゆうちょ銀行の預入限度額改定に関する関係団体からの意見聴取を終えた。全国銀行協会など金融団体は日本郵政グループが求める通常貯金の限度額撤廃に強く反対。金融庁も慎重姿勢を示しているが、岩田委員長の発言からは容認の姿勢も読み取れる。結論の取りまとめに向け、予断を許さない状況になっている。

 全銀協などは、現在の金利環境下では……

(写真)郵政民営化委員会の聴取に臨む金融団体幹部ら(3月23日、永田町合同庁舎)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事