HOME > 「ニッキン」最新号から > 社会 > 2018年11月30日号1面 「10大ニュース」懸賞募集、今年は「2018年」と「平成」の2本立て

2018年11月30日号1面 「10大ニュース」懸賞募集、今年は「2018年」と「平成」の2本立て

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 賞金総額、それぞれ60万円
 ニッキンは、今年も年末恒例の「あなたが選ぶ~2018年の金融界10大ニュース」の懸賞募集を行います。今回は、残り5カ月になった「平成」を振り返る特別企画「平成の金融界10大ニュース」も同時募集します。
 今年は、財務省の文書改ざん問題など官民を問わず、不正や不祥事が相次ぎました。金融界も例外ではなく、信頼の重要性が改めて問われた1年となりました。北海道では地震により全道が停電。日本各地で大規模水害や台風が発生するなど、防災対策への意識を再認識させられた年でもありました。
 一方、キャッシュレス時代の本格到来も迫ってきました。店舗やATM戦略も新たな局面を迎え、デジタルバンキングへの対応も求められています。
 バブル経済崩壊の足音が近づくなかで始まった「平成」は、金融界にとって激動の時代でした。「昭和」の金融界は、規制金利や護送船団という言葉に代表されるように守られた業界でした。一転、平成に入ると預金金利は自由化され、規制緩和により銀・証相互乗り入れが実現するなど、業態を超えた競争が幕を開けました。
 また、日本の金融界は平成の30年間に二度、金融危機に直面。犠牲を払いながら、それを克服してきました。各金融機関がデフレ経済という逆風に立ち向かい、知恵を絞り新しい金融サービスや商品を生み出してきました。過去には想像できなかった経営統合・合併、異業種参入も実現しています。
 金融界にとって平成時代の難局を乗り越えてきた経験は、きっと次の時代にも生かされることでしょう。
* * *
 賞金総額は「2018年」「平成」それぞれ60万円です。10問的中者に30万円(複数人の場合は按分)、ニアピン賞として30万円(1人1万円)を贈呈します。応募締め切りは12月10日(月)当日消印有効。応募項目と応募要領は、本紙10・1面と弊社ホームページに掲載しています。奮ってご応募ください。

【写真】2017年10大ニュース1位の「平均株価、史上初16連騰」


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事