HOME > 「ニッキン」最新号から > 融資 > 2018年5月25日号6面 大手地銀、貸出利息減少に底打ち感、量の拡大がプラス要因

2018年5月25日号6面 大手地銀、貸出利息減少に底打ち感、量の拡大がプラス要因

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 静岡銀行は9年ぶり増加
 
 大手地方銀行の国内貸出金利息が増加に転じ出した。2017年度は静岡銀行が9年ぶりに増えたほか、横浜銀行も同上期を底に下期は反転した。利回りの低下幅が緩やかになり、量の拡大によるプラス要因が上回ったのが理由。18年度は、千葉銀行なども増加を見込んでいる。
 08年9月のリーマン・ショックを境に金利が低下局面に入り、貸出金が増加しても利息収入が減少する構図が続いてきたが……


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事