HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2020年10月30日号5面 大手生保4社、投資先企業と対話加速、持続可能性へ重点

2020年10月30日号5面 大手生保4社、投資先企業と対話加速、持続可能性へ重点

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大手生保4社、議決権行使結果

 住友生命、社債購入先とも
 大手生命保険会社4社はアフターコロナを見据え、投資先企業の持続可能性を重視した対話に取り組む。2019年(期間=19年7月~20年6月)に続き、気候変動リスクやESG(環境・社会・ガバナンス)への対応も重要テーマとするほか、住友生命保険は国内社債投資先との対話にも乗り出す。コロナ対策として、ウェブや電話会議など非対面の対話手法も取り入れる。
 日本生命保険は、20年に約400社と対話する。市場データや競合他社の…


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事