「ニッキンONLINE」創刊!
 
HOME > 「ニッキン」最新号から > 法令制度政策 > 2021年11月19日号2面 実像 OHR改善に挑む(上)~低収益体質脱却へ~特別付利で“深掘り”進む

2021年11月19日号2面 実像 OHR改善に挑む(上)~低収益体質脱却へ~特別付利で“深掘り”進む

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人口減少や長引く超低金利政策で経営環境が厳しさを増す地域金融機関が“待ったなし”の経営基盤強化に動いている。コロナ下の取引先支援で存在感や役割が一段と高まるなか、日本銀行は「OHR(経費率)」を主な基準に据えた“特別付利”で、低収益体質脱却に向けた取り組みの加速を促す。
 ■収益に響く超低金利
 日銀が2020年11月に導入を決めた「地域金融強化のための特別当座預金制度(特別付利)」。一定の経営基盤強化を実現した金融機関の日銀当座預金に…



ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事