「ニッキンONLINE」創刊!
 
HOME > 「ニッキン」最新号から > 法令制度政策 > 2022年5月13日号1面 金融庁方針、「一日休業」届け出不要、コロナ理由の適用見送り

2022年5月13日号1面 金融庁方針、「一日休業」届け出不要、コロナ理由の適用見送り

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金融庁は6月にも、預金を扱う金融機関が臨時休業する際の手続きを緩和する。9~15時以外の時間帯や一営業日に限って休業する場合、今後は事前の届け出を不要とする。各金融団体の要望を踏まえて過度な規制を見直すもの。ただ、焦点となっていた新型コロナウイルス感染症を理由とする臨時休業の届け出廃止は見送る方向だ。
 銀行法や信用金庫法などの施行規則を改正し、臨時休業時に届け出や公告、店頭掲示を不要とするケースを追加で定める。具体的には…



ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事