HOME > 「ニッキン」最新号から > 取引先支援 > 2020年6月5日号11面 特集 【時の話題】東海3県の地域銀行・信金、コロナ禍の中小企業支援

2020年6月5日号11面 特集 【時の話題】東海3県の地域銀行・信金、コロナ禍の中小企業支援

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
取引先企業を訪問し、制度融資や助成金などを説明する瀬戸信金職員(左、4月13日、名古屋市内)

 関連融資・5300億円超、弁当発注や役職員に現金支給
 【名古屋】自動車関連の製造業を中心に、中小企業が集積する岐阜、愛知、三重の東海3県。新型コロナウイルス感染拡大の影響が企業活動に影を落とすなか、地元の地域銀行や信用金庫が果たす役割への期待が高まっている。地域銀行8行と25信金に「コロナ禍の中小企業支援アンケート」を実施。5月上旬までに、中小企業から受けた相談件数は、8万490件。関連融資は、1万6155件、5304億8900万円を実行した。

 【写真】取引先企業を訪問し、制度融資や助成金などを説明する瀬戸信金職員(左、4月13日、名古屋市内)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事