HOME > 「ニッキン」最新号から > 為替・決済 > 2021年7月30日号3面 全銀協など検討会、「手形廃止」へ5年計画、IB振込の定額制も視野

2021年7月30日号3面 全銀協など検討会、「手形廃止」へ5年計画、IB振込の定額制も視野

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全国銀行協会事務所のある東京・丸の内の新「銀行会館」

 全国銀行協会が事務局を務める手形・小切手の全面電子化に向けた検討会は、2026年度末までの5年間の自主行動計画を公表した。電子的決済手段の手数料体系の見直しなど評価項目を定めたうえで、毎年の状況を把握。24年度には中間検証も実施し、取り組み状況に応じて計画の見直しもする。
 20年の全国手形・小切手交換枚数は3264万枚。毎年536万枚以上の削減を掲げ、21年末からの5年間でゼロを目指す。手形・小切手の持ち帰り枚数や発行枚数の減少状況を把握していく。
 金融機関には…

【写真】全国銀行協会事務所のある東京・丸の内の新「銀行会館」


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事