HOME > 「ニッキン」最新号から > 営業店 > 2019年6月28日号20面 山形銀行小松支店、事業者全先の推進計画作る、1年半で貸出金19億円増

2019年6月28日号20面 山形銀行小松支店、事業者全先の推進計画作る、1年半で貸出金19億円増

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 店頭から「トスアップ票」
 【仙台】山形銀行小松支店(飯野直支店長=行員8人うち女性2人。パート7人)は、渉外担当者らが迷わず営業推進できる体制づくりに注力。期初に、顧客事業者全先への提案方針を作る取り組みが奏功。2019年3月末の貸出金残高は119億5600万円と、飯野支店長着任来の1年半で、19億7400万円増(19.7%増)となった。
 上・下期の各期初に約200の既存事業者全先、預金だけといった法人や新規先についても……

 【写真】渉外や融資、預かり資産など多分野を受け持つ業務課。毎朝のミーティングで推進方針を確認(6月14日)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事